東京都 昭島市 JR青梅線 中神駅 鍼灸(はりきゅう) 

アレルギー性疾患・花粉症

アレルギー性疾患に対する治療法

現代医学においてアレルギー性疾患の原因、治療法は様々であり、まだ多くの事が解明されておりません。
東洋医学でもアレルギー性疾患だからといって、「ここを治療すれば良くなる」といった単一的な治療法はありません。当院の治療では、免疫機能を高め、アレルギー性疾患になりづらい体質を目指していきます。その為には一人一人の状態も違いますので、当然治療すべきポイントも異なります。

アトピー性皮膚炎について

現代医学においてアトピー性皮膚炎とは
日本皮膚学会によれば「増悪感懐を繰り返す、掻痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ」と定義されています。

東洋医学においてアトピー性皮膚炎とは
五臓六腑においては肺、大腸に深い関係があります(東洋医学における肺、大腸は便秘や下痢、便の色や形状の変化なども含まれ、現代医学における肺、大腸とは異なる)。例えば、大腸に機能が弱りますと肺に症状が出ます。肺の症状は皮毛(ひもう)<現代医学で言う皮膚>に影響が出ます。
しかしながら、一人一人、肺、大腸の機能の弱る過程が違います。
例えば、内因外因(注)、その人の生まれ持った遺伝的要素、日々の食生活など、さまざまなものに起因すると考えます。よって治療すべき場所や期間、本人の気をつけるべき事も異なります。
(注:<内因>とは怒る、笑う、思い悩む、悲しむ、憂う、驚く、恐れるなどの感情により病気を引き起こすと考えます。 <外因>とは風、暑、湿、燥、寒といった5つにより起こると考えます。この5つは簡単に言えば気候や土地柄など環境を指します。)
湿疹の形状を例に上げますと発疹が小さい、大きい赤みが帯びている ジクジクしている,化膿している かさぶたがある 浸出液がでている,かゆみが強い、弱い等、発疹にもさまざまな形があり、それぞれ証(東洋医学における病気の見方)も異なってきます。◎現代医学においてアトピー性皮膚炎における原因のひとつの要素と考えられているアトピー訴因とはどのようなものか?

アトピー素因とは
①家族歴・既往歴に気管支喘息、アレルギー性鼻炎、結膜炎、アトピー性皮膚炎のうちのいずれか、あるいは複数の疾患がある場合
②IgE抗体を産生しやすい素因をもつ者
とされています。
アトピー性皮膚炎は、かつては子供のうちにほとんどが完治してしまう小児の疾患とされていたました。しかし最近大人になっても治らず、重症化する成人型アトピー性皮膚炎が増えてきており、小児の罹患数も増加しています。

アトピー性皮膚炎に対する抗原としては、
①環境による抗原と②食物抗原が主要の抗原とされております。

①環境による抗原
環境抗原のうちアトピー性皮膚炎と関係が深いのは家屋においては家塵、ダニであります。
そして化学物質この関連性が注目されるようになったのは、同抗原に特異的なIgE、IgG及びIgG4抗体の出現率と血中濃度が高いことや、ダニ抗原を除去した生活環境に身をおくことにより皮疹が軽快することです。
検査された方もいるかもしれませんが、ダニ抗原を用いた貼布試験が特異的陽性反応を示すこと などの知見に基づくと考えます

②食物抗原
本症における食物抗原としては、古くから卵白、牛乳・大豆が三大アレルゲンとして注目されてきましたが、最近は米や小麦など、日常摂取する食物が原因となっている場合があることが指摘されています。皮膚症状との因果関係を自覚することが困難であり、本症の慢性化に関与している可能性がある考えられています.

これらをみていきますとアトピー素因をなくすことは難しいとおもわれます。
しかしながらアトピー性皮膚炎に対する抗原においては改善していく余地があるように思います。
東洋医学の発想から考えますと
上記の①環境による抗原は原因物質を取り除くのはもちろんですが、家屋において外因、風暑湿燥寒なども関与すると考えます。つまり、家屋など生活環境において寒いところ、暑いところに住んでいるだけでも違う考え方をします。
②食物抗原は卵白、牛乳・大豆が三大アレルゲンを控えるのはもちろんですが、 東洋医学では五味といって酸味、苦味、甘味、辛味、鹹(しおからい)の味のバランスが重要と考えそのバランスがくずれると五臓六腑に異常が起こると考えます。
つまり、現代医学も東洋医学もアレルギー性疾患に同じような見解の方向性を見出してきています。
しかし、東洋医学は長年の経験から現代解明されていない体質などより細分化しています。

よってそれぞれに優劣があるわけではなく、現代医学の考えに東洋医学の考えを加えることにより、より可能性が広がっていくのではないかと思います。

 

花粉症について

西洋医学的な花粉症の捉え方

花粉症とは原因物質に対して生体が過剰な免疫反応を示すアレルギー性疾患の一つで、種々の植物の花粉を原因物質として、主に鼻や目にアレルギーの症状を出すものをいいます。

発症のメカニズム
①花粉が体内に侵入する
②それを異物(抗原)と認識すると、リンパ球がIgE抗体というものを作る。
③IgE抗体が体内の肥満細胞という組織に付着する。
④再び花粉が体内に入ると、IgE抗体と結合し、肥満細胞から化学物質(ヒスタミンやロイトコリエンなど)を分泌する。
⑤この化学物質がくしゃみやかゆみ反応を刺激したり、鼻水や涙の分泌を促す。

症状
鼻の三大症状(くしゃみ、鼻水、鼻づまり)や目の三大症状(かゆみ、充血、流涙)の他に、皮膚のかゆみ、頭痛、気管支炎症状、腹痛、下痢、体調不良による不眠や気分不快、うつ症状など様々なものがあります。
主な花粉の種類と飛散時期
花粉の飛散時期は地域によっても多少変動がありますが、主にどの時期に何が飛んでいるかを知っていることは原因を探るうえで必要となります。代表的な花粉の飛散時期については以下の通りです。

花粉の種類 主な飛散時期
スギ 2月~4月
ヒノキ 3月~5月
イネ科の植物(カモガヤなど) 5月~8月
キク科の植物(ブタクサ、ヨモギなど) 8月~10月

西洋医学的治療法と生活の中の対処法
西洋医学的な治療法としては、症状を引き起こす伝達物質の分泌を抑制したり症状を鎮める為の薬を用いる対症療法と、免疫療法による根治療法など取られる他、生活習慣の中でセルフケアを行うなどが挙げられます。

対症療法・・・内服薬(抗ヒスタミン薬、抗ロイトコリエン薬、遊離抑制薬)の服用
点眼、点鼻薬などによる局所療法
鼻粘膜への手術療法

根治療法・・・減感作療法(抗原特異的免疫療法)

セルフケア・・・マスクやメガネの使用
飛散量の多い日は外出しない
帰宅後のうがい、手洗い、洗顔
ドア、窓を閉めて室内への侵入をなるべく避ける
ふとんを外に干さない              etc.

東洋医学的な花粉症の捉え方

花粉に反応して引き起こす症状であるという認識は西洋医学と同様です。しかしながら、花粉症を起こす方と起こさない方、また、花粉症の症状も個人差があることから、東洋医学では花粉は原因ではなく症状を引き起こす引き金にすぎないと捉えます。つまり花粉という引き金によって表面化する身体のひずみ(体質)が原因であり、これをいかに改善するかが大切になってきます。

体の表面を守る「衛気(えき)」とは?
花粉症でよく見られるくしゃみや鼻水、涙などは鼻や目についた有害物を追い払う為の防衛手段です。花粉症ではこの反応が過剰であったり、長期間続くのが問題であり、いくら反応しても有害物を追い払えず、ついには体調を崩してしまいます。有害物から体を守る仕組みはみなさん持っているはずですが、これがうまく働かず、むしろ過剰に反応して乱れている状態がアレルギー反応になります。
ここで体の表面を外気の変化や侵入物から守るのが、東洋医学では「衛気(えき)」と呼ばれる防衛機能です。衛気は「肺」(東洋医学的な肺の考え方は、単なる呼吸機能だけではなく、体の表面を守るなど広い意味で捉えられている)の働きが中心となりますが、その他にも胃腸と関係の深い「脾」の働き、体の流れを調節するがストレスに影響を受けやすい「肝」の働き、生命力の根底となる「腎」の働きなどが合わさって機能を維持しています。(脾、肝、腎に関しても東洋医学的な捉え方は、西洋医学と少し異なる部分があります。)
上記の各臓器が様々な原因によって変調を起こすと、衛気が正常に働かなくなります。それによって花粉症の症状が現れると考えられています。

症状と原因から
花粉症の症状は様々ですが、例えば同じ鼻水でも水っぽいものと粘りのある黄色いものとでは原因が異なります。水っぽいものであれば、体の中で水分が過剰になっている状態であるのに対し、黄色い鼻水であれば水分過剰に加えて体の中に熱がこもっている状態と考えられます。また、鼻づまりであれば水分の滞り、目の充血では体に熱がこもっている状態、目や皮膚の乾燥では体内の水分が少なくなっている状態と考えられます。
こういった状態は何から引き起こされているかというと、多くは生活習慣に原因があります。食生活の乱れ(食べ過ぎや冷たいものの飲みすぎ)、運動不足、睡眠不足、過労、ストレスなど、こういった生活が続くと各臓器に負担がかかり、正常に機能しなくなってしまいます。それによって衛気が乱れ、花粉に対して戦う力が持てなくなってしまいます。

東洋医学的な治療
西洋医学では、症状を鎮める薬を服用したり、原因となる伝達物質の分泌を抑えることが中心となりますが、東洋医学では、体質を改善することで花粉に反応しにくい状態を作ることを目指します。
「体質を改善するには時間がかかるので、即効性が無いのでは?」と思われる方がいらっしゃるかもしれません。確かに体質を変えるにはすぐにとはいきませんが、東洋医学では「標治」「本治」という考えがあります。「標治」とはその時につらい症状そのものを鎮める治療法に対し、「本治」とはおおもとの原因を取り除く根本的治療のことを指します。つまり状態がひどいときは標治で症状を軽減させることが可能であり、同時に根本の改善も行ってまいります。
実際の治療では、症状を引き起こしている原因とご本人の体質に合わせて治療を行います。ただし、花粉症の改善には生活習慣による影響も大きいので、治療と並行して生活を見直されるいことも大切となってきます。

ご予約・お問い合わせはこちら ネット予約もご利用下さい TEL 042-519-8536(予約優先) 診療時間 9:00~22:00(最終受付21:00) 木曜休診

PAGETOP
Copyright © 株式会社AP LIFE 中野鍼灸院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.