こんにちは

更新が全くできておらず、ただただ反省です。。
また、気を取り直して、まじめに書いていきます。

それでは、今回は東洋哲学思想の三つ目、五行論についてお話します。

五行論

五行論とは「木」「火」「土」「金」「水」という五つの基本物質の機能属性に、万物を分類するという概念です。

これまで天人合一思想陰陽論について述べてきました。
天人合一思想では自然界と人体が関連するとありました。
五行論では木火土金水という五つの要素の関係性を、人体にも照らし合わせて様々な変化が起こると考えています。

また、陰陽論でも述べたように東洋医学はバランスを調整して治療を行います。
しかし、陰陽論だけでは説明がつかないことも多くあり、五行論という概念があることでその足りない部分を補う事ができています。

五行の性質は、五臓(肝・心・脾・肺・腎)の機能の特性に対応します。ではまず、五行にはそれぞれどのような特徴があるのかお話していきます。

五行の性質

木の性質 ・・・ 「曲直」
木は草木がその枝や茎を伸ばす様子に喩えられます。樹木が曲直しながら上に向かって伸びる性質から、「生長」「昇発(上に向かって広がる)」「条達」といった言葉で表現されます。

火の性質 ・・・ 「炎上」
火は炎や熱の性質を備えています。勢いが強く、上昇しやすい、熱く、ものを溶かして変化させる特性から「温熱」「向上」「昇騰」「化物」といった言葉で表現されます。

土の性質 ・・・ 「稼穡(かしょく)」
土は農作物の収穫や土から様々な生命や鉱物が生じる様子に喩えられ、豊かさや濃厚な性質を表します。土は万物を生じ、また帰するところいわれ、「土載四行」とも表現されます。四行とは木・火・金・水の事で、これらが土から生まれるという考えになります。土は「播種」「受納」「生化」とも表現されます。

金の性質 ・・・ 「従革(じゅうかく)」
金は規範に対して従順であったり、変更や改革といった性質があります。また、人の意向によって形を変えられる金属や鉱物の性質に喩えられます。金は「変革」「粛殺」「下降」「潔浄」とも表現されます。

水の性質 ・・・ 「潤下」
水は「潤して下方に流れる性質があります。水は重く下方に流れ、地面を固める様に潤い与えて、どっしりとした性質に喩えられます。「寒涼」「滋潤」「下流」「閉蔵」とも表現されます。

以上が五行それぞれの性質です。
五行論では、事物をそれぞれ五行の属性に当てはめて考えます。それらを分かりやすく分類して示したものが五行色体表になります

五行色体表

五季 五気 五方 五色 五臓 五腑 五主 五華 五官 五液 五味 五志
小腸 血脈 面色
長夏 湿 中央 肌肉
西 大腸 皮毛 悲・憂
膀胱 骨髄 恐・驚

 

この一覧表を見れば、五行それぞれの特徴が一目で分かります。
例えば、「木」の性質である肝が病むと、「イライラしやすくなる」、「目の症状が出る」、「筋の痙攣が起こる」、「爪の症状が現れる」等、様々な身体の変化が現れます。これらを基に五行の偏りを診断し、治療に役立てることができます。

相生関係と相克関係

五行を理解する上で大切なものに、「相性関係」「相克関係」というものがあり、それらによりバランスを取っています。

相生関係
「相生」とは、生み育てる関係の事です。自然界で例えると、木を燃やすと火が起こり、火によって灰になり土に還り、土から鉱物(金属)が生まれ、鉱物から水滴が生じ、水が木を育てる、といった関係になります。身体の状態で考えると、緊張(肝の働き)によって、心拍数が上がる(心の働き)のは木から火が生じる関係に当てはまります。

相克関係
「相克」とは、抑制の関係の事です。自然界で例えると、木は土から養分を取り、火は金属を溶かし、土は川で水が氾濫するのをせき止め、金属は木を切り、水は火を消すという関係になります。こちらも身体の状態で考えるのであれば、深呼吸(肺の働き)によって、イライラや緊張(肝の働き)を鎮めるといった金が木を抑制する関係に当てはまります。
五行の関係には、他にも相乗関係(相克に近いが、抑制の度合いが強すぎる関係)、相侮関係(抑制する側が弱すぎる、もしくは抑制される側が強すぎて、逆に相手から抑制されてしまう相克と反対の関係)というものもあります。
これらの五行の関係を治療に活かすのが東洋医学の特徴となります。西洋医学の考えであれば、病のある臓器だけを見てしまうケースであっても、東洋医学では相生や相克の関係を考えて他の臓器の治療も同時に行う場合があります。
健康な状態であれば、五行がそれぞれバランスを取っていますが、どれか一つがくずれると病が起こるという考えですので、いかにそれぞれを調和させることができるかが治療のカギとなります。

これまで天人合一思想、陰陽論、五行論と東洋哲学思想を述べてまいりました。これらは東洋医学的診断や治療を行う上で非常に大切な考えとなっております。
なかなか分かりにくい部分もあるかもしれませんが、こういった思想を元に東洋医学、中医学の治療が行われているんだなというのを知って頂ければと思います。