気血津液についての続きです。
今回は「血(けつ)」に関してご説明します。

血について

「血」は文字通り、現代医学でいう所の血液とほぼ同じ意味です。

東洋医学における血の概念および作用は

全身を栄養して潤し、精神活動を支える物質

となります。
血は脈管中を流れる赤い液体であり、気や津液と同様に人体を構成して、生命活動を維持するための基本物質です。
血の作用は全身を栄養することで、諸臓器を正常に機能させます。
具体的に言うと、皮膚の血色に赤み、潤いがある状態や毛髪や筋肉の張りがある、感覚器や運動器が正常に動くなどは血が十分な状態と言えます。

一方で、東洋医学では血は精神活動をささえる基礎物質とも考えられています。
この点については現代医学にはあまりない概念です。
具体的には、血が欠乏した場合には不眠や物忘れ、不安などが生じると考えられています。

血の生理代謝

血の生理代謝には生成、運搬、貯蔵の三つがあります。
主に関与する五臓としては、生成には「脾」、運搬には「心」、貯蔵には「肝」がそれぞれ担っています。

○血の生成
血の生成には二つの過程があります。
一つは「脾」が中心となって働く水穀の精微から生成される過程、もう一つは腎に貯蔵されている「精」が血を生成する過程です。
一つ目ですが、まず水穀の精微とは「気」の生成でも出てきた飲食物の事です。
脾は運ばれてきた水穀の精をから血を生成します
その際に心の作用も加わることで赤色を呈するようにようになります(心の五色は赤です)。

もう一つですが、人体を構成する要素に気血津液の他に「精」という物質があります。
精の作用などはまた改めてお話しできればですが、簡単に言うと生命活動を支える根本的な物質の事で、先天的なものと後天的なものがあります。
精は基本的に腎に貯蔵されていますが、精は血を生成するとされています。
一方で精が足りない時は血が精になる場合もあります(精血同源)。

この二つの過程で血は生成されています。

○血の運搬
血の運搬に関しては主に「心」が中心となります。
これは現代医学でも共通する考え方ですね。
心臓のポンプ作用によって全身に運搬されます。「心」は「血脈を主る」と考えられています。

ただ、東洋医学の考えでは、「心」以外にも、「肺」「肝」「脾」が運搬に関わると考えられています。
「肺」には宣発(せんぱつ)作用といって発散させる働きがあります。
また、「肝」には疏泄(そせつ)作用といって、血の流れをスムーズにさせる働きがあります。
そして、「脾」には統血(とうけつ)作用といって、血が運行中に脈管外に漏れ出ないようにする働きがあります。
この様に、血の運搬は心を中心に、その他の五臓と協調しながら行われています。

○血の貯蔵
身体では緊急な場合に備えて、血がストックされています。
その働きは「肝」蔵血作用によって行われています。
肝に貯蔵されている血を肝血といいますが、肝にはそれを調節する働きがあり、目や筋腱、爪、子宮などに送る働きがあります。
ですので、肝血が不足すると視力低下や目のかすみ、筋肉のひきつり、月経不順などといった身体の不調につながります。

血の変調

気のお話でも述べましたが、気が足りないのを気虚、気が滞るのを気滞といいました。
では、それと同様に血の病変にはどういったものがあるでしょうか。

血虚・・・血が足りない状態

現代医学でいうと貧血とほぼ同じ意味です。
血虚の場合は、顔色が蒼白や萎黄(つやがない黄色)になる、爪の変形、めまい、月経困難、冷え性、不整脈、健忘、不眠、不安などが起こります。

血熱・・・体内にこもった熱が血に移り、熱くなった状態

血熱になると、血流が以上に速くなり、細い血管は突き破ると考えられています。それにより各臓器で出血が起こります。
鼻では鼻血、胃では吐血、肺では喀血などがそれらにあたります。

血瘀(けつお)・・・血の流れが悪く、停滞している状態

血管中の汚れた血の事を瘀血(おけつ)といいます。
この瘀血がある状態を血瘀といいます。血瘀は冷えや血熱、気滞などが原因となり起こります。

血瘀の特徴としては、刺痛(しつう)と呼ばれる刺されたような痛みやズキズキするような疼く痛みがあります。
腹痛や頭痛、関節痛、心臓の痛みなどでもみられる痛みです。

また、様々な所で紫色を呈すのも特徴的な所見です。
舌や唇、浮き上がった血管などが紫色の場合は血瘀と考えられます。
月経に関しては、経血が赤黒く粘調度のあるもの、血塊が混じる場合などがこれにあたります。
ひどい生理痛も血瘀の方に多くみられます。

以上のように血の病を分けることができます。
東洋医学では血虚あれば血を補う、血熱であれば熱を取り除く、血瘀であれば血の流れを改善する為の治療を行います。

まとめ

血の生理作用には五臓が様々な部分で影響しています。

血に問題があった場合どうすれば、改善がみられるのでしょうか。

例えば血虚に関していうと、現代医学的なアプローチとして、貧血だから単純に鉄分を多く摂るだけでは改善に時間がかかる場合もあります。
その場合、脾の働き、つまり消化器系に弱りがあればそれを改善することが血虚を良くする近道になることがあります。
脾が働いていなければ、いくら鉄分を含む食材を摂っても、血に変えられないという事です。
また、腎が弱っていても血虚になりますので、そちらも診る事が必要です。
肝血が不足しているようであれば、当然肝に対してもアプローチしてなくてはいけません。
その場合、患者さんに生活指導するとすれば、肝に負担のかかるような行動はなるべく避けて頂くようお話しする必要があります(肝の五官である目を使いすぎないなど)

この様に血に変調があった場合、どの五臓に問題があるのかを探り、それも考慮して適宜治療していくことがとても大切になってくるんですね。

以上が血に関するお話でした。
東洋医学では血をどのように捉えているのか、少しご理解いただけたでしょうか?

血の変調によって身体の不調を訴える方は、私の鍼灸院にもたくさん来られます。
鍼灸治療では現代医学とは別のアプローチで、血の状態を改善することが可能です。
貧血や血の巡りが悪いなどお悩みの方で、今まで鍼灸という選択肢がなかった方は、お近くの鍼灸院にご相談されてみるのも良いのではないでしょうか。

今回も血だけで盛りだくさんになってしまいました。。
次回は「津液」についてお話しますね。
それではまた。