気血津液についてのお話もいよいよ最後です。
ようやく津液(しんえき)までやってきました。
ではさっそく進めていきましょう。

津液とは


津液の概念は

人体を潤す水液

となります。
要するに、津液は人体に存在する様々な水液の総称と捉えられています。
具体的には唾液や胃液、涙や汗、関節液などが津液に含まれるかと思います。
主な作用としては潤いを与えることと言えます。

津液は厳密云うと「津」「液」に分けられます。
「津」はサラサラとした清なる部分であるのに対し、「液」は粘稠で濁った部分を指します。
それぞれ作用が分かれると考えられていますが、細かい点はひとまず置いて、津液とひとまとめで話を進めていきます。

津液の生理代謝

生成
胃から小腸へと運ばれた飲食物(水穀)は、さらにへと運ばれ、水穀中の水液の精微という物質を、脾の「気化作用」という働きによって津液が生成されます。
また、大腸でも糞便を形成する際に余った水分を再吸収しますが、その際も脾の働きによって津液になります。

運搬と排泄
津液は生成された後、三焦(さんしょう)を通路として、の働きで運搬、排泄されます。
※東洋医学を学んでいない方にとっては、三焦という言葉を初めて聞く方が多いかもしれません。
ひとまず、津液を運行させる通路として捉えて頂ければと思います(三焦には他の機能もあるとされていますが、ここではひとまず割愛します)。

まず脾の働きとしては「水液運化作用」というものがあります。
これは水穀から水液を吸収して津液として、全身に輸送する働きの事です。
また、脾には「昇清作用」というものもあり、これは津液を上昇に位置する肺に運ぶ働きです。

肺に運ばれた津液は、肺の働きでもある「宣発(せんぱつ)作用」、「粛降(しゅくこう)作用」、「水道通調作用」によって、全身に運ばれます。
宣発とは、発散とほぼ同義で津液を全身に巡らせる作用の事をいいます。
粛降は下に降ろす作用、水道通調は水道(津液の通り道)が滞らないように調節する作用の事をいいます。

津液が脾だけで運搬されるのでなく、昇清作用によって肺に運ばれる理由としては、上焦(三焦は上焦、中焦、下焦の三つに分けられます)にある心や肺は推動作用が非常に高く、運搬力が優れているからと考えられています。

最後に腎の働きですが、腎には体内で使われて汚れた津液が運ばれてきます。
腎の「気化作用」によって、運搬されてきた津液のうち、再利用できる清の部分は再吸収し、不要な濁の部分は膀胱に運んで尿に気化して排泄します。

津液の変調


気や血のお話でもありましたが、津液も過不足を起こすことで病気となります。
ここでは津液の変調によっておこるものを挙げてみます。

湿痰・・・津液が過剰になり停滞している状態
食生活の乱れや運動不足などによって、津液が余って停滞すると、「湿」という重たい性質のものに変化します。
その湿が冷えなどによって固まってしまうと、さらに動きの悪い「痰」が作られます。
一般的には痰は気管支や肺に作られる認識ですが、東洋医学としての痰は体内のどこにでも作られると考えれています。
このような痰や湿が作られる状態を湿痰(痰湿)と呼びます。

症状としては、むくみや体のだるさ、手足の冷え、めまい、鼻水、痰、おりものが増える、湿疹、関節の腫れや痛みなどが現れます。

陰虚・・・津液が不足した状態
陰虚は津液が不足していますので、乾燥ぎみになっています。
また、津液は身体を潤すと同時に活動を鎮める働きもあるので、陰虚になると相対的に熱が強くなったように見えます。
原因としては、津液の生成が不足する場合や、大量の発汗下痢などによって脱水状態になった場合、その他には寝不足などで起こります。

症状としては皮膚の乾燥、髪のつやが無くなる、便秘、空咳、声がれ、のぼせ、関節が動きづらいなどが現れます。

まとめ

今回は津液についてご説明しました。
津液が身体に対してように働いているのかがお分かりいただけたでしょうか。
人間の身体の約6割は水分であると言われていますが、津液は身体活動において様々な役割を担っています。
気や血のお話でもありましたが、津液も過不足や流れが悪くなることで病の原因となります。

津液の生理の所でもお話しましたが、生成には脾が、運搬と排泄には脾、肺、腎が大きく関わっています。
水分が足りない(陰虚)だからといって、単純に水分をたくさん摂れば良い訳ではありません

また、津液は停滞すると湿や痰というものが作られてしまいます。
これらを作らない為には、過剰な水分を摂る事や冷たい物、甘い物などを摂りすぎないことが大切です。
一見健康そうに思われる、生野菜果物などもたくさん摂ると湿や痰を作る原因となります。
むくみに関しても、脾や肺、腎の働きを高めてあげることも大切という事なります。

これまで気血津液についてお話をしてきましたが、これらの知識を持っていると、ご自身での養生法にも生かせることがあるかと思います。
自分の体質は「気が足りないのかな」や「津液が停滞しているんだ」などと知っていると、それに適した食生活や運動、睡眠など生活習慣を改善するだけでも変化が現れてきます。

ただし、養生だけはどうにもならない場合もありますので、そんな時は治療が必要になるかと思いますし、逆に治療だけはお身体の調子が改善しにくいこともあります。

その辺りを皆さんにもご理解頂ければ良いなと常々思っています。

それでは、本日はここまでです。